ボーダーコリーとの日々の暮らし ときどきシープドッグトレーニング


by lonmichubonnie

欲づけ

みちゅがお世話になった訓練士さん I先生にボニーを見てもらった。

以前は訓練士さんにお世話にならずに自己流でがんばってたけど
みちゅの時にお世話になって以来、プロの訓練士さんの技を見学する
だけでも面白く感じるようになった。
そしていつも2時間のあいだに、実際に犬を動かすのは半分もなくって
ほとんどがいろんなお喋りで終わってしまうんだけど(^^;
それもとても勉強になる!

で、わたしの要望で、なるべくガツガツ〆ずに訓練していくことになった。
といってもやり方を教わるだけであとはわたしがやらなきゃならないんだけど。

手始めに欲づけから。
しっかり欲づけさえできれば、いろんなことができるようになる!
自分の懐に犬を呼び込む(言葉で表わすのが難しい・・・)ことから始めて
そして離していくほうがいいみたい。
ボールのレトリーブやディスクは、手元での欲づけを終えてからやるほうが
ずっと楽らしい。
そして呼び戻しも、ロングリードを引っ張って無理やりこっちに来させなくても
欲づけすることでスムーズに来るようになるみたい。

理論はわかっても、実行するのはなかなかむずかしいぞ〜(>_<)
これってやっぱり経験が必要!!

ボニはほとんど欲づけせずにいたから、
どこか散漫なところがある。
というよりも、彼女なりの何かに集中するっていうか・・・
そこが冷静に見える所以なのかもしれないけど。

それはそれで良いところだけれど
もう少しわたしにも集中してくれると嬉しい♪
ので少しがんばって訓練にも力を入れていこうと思う。
[PR]
# by lonmichubonnie | 2005-10-25 17:23

おめでとう♪

ロンのホモだちのバーチョくん
一昨日の朝霧フィールドドッグガーデンのディスク大会で準優勝だって!
すごい快挙♪♪

以前に一度、H家のワンコ達とディスクやらせてもらったことあるけど
中でもバーチョはディスクに欲がない方だなぁと感じた。
いつもどちらかというとまったり、羊追いではママのためにがんばるバーチョ。
そんなバーチョが準優勝だなんて(((O(≧▽≦)O)))

飼い主のNちゃん、とってもわんこたちを愛してる。
でもとっても厳しい。
たぶん愛があるからこそ厳しさがあって
そういう厳しさだからこそわんこも受け止めるんだと思う。
真剣な向きあい方をしているから
良いところを伸ばせるんだと思う。


ドッグスポーツの世界では
自分の欲を満たすために犬を飼う人がいる。
もちろん、その人が飼った犬をかわいくないと思っているとは思わない。
でも良い成績を出せなくなった途端にその犬をお払い箱にし
次の犬にもっと性能の良いといわれる血筋を求める人がいることは事実。
”勝ちたいがため”に犬を飼う。
自分がやりたいことに対して出来の悪い犬は犬の所為にする。

Nちゃんが偉いと思うところは
自分が飼っている犬には分け隔てなく同じ経験をさせてあげること。
そして根気よく続けてその犬の持つ能力を最大限まで引き出してあげること。
傍目から見ていたら、あののんびりかわいいバーチョがまさか
由緒正しいワーキングラインの犬たちを尻目に
シープドッグトライアルで4位になるとは思えないし
ディスク大会で準優勝という輝かしい成績を収めるとは思わないだろう。

何かができないのは犬の所為ではなくって
飼い主の技量と根気と愛情が足りないだけなんだって
彼女を見ているとよくわかる。

ディスクをとれなかったからって競技が終わった後に犬を蹴ったり
背負い投げしたりするってことを耳にしたことがあるけど
そんな飼い主を犬が信頼し心底愛せるのかな・・・。
犬はモノではないし、ましてや欲を満たす道具ではないのに。

やっぱり犬は、愛することができ、信頼でき、信用でき、尊敬でき、畏怖の念を
抱ける飼い主を求めているんじゃないかな。



今わたしたちが暮らしている環境で
最善のことをやってあげるのはわたしたち飼い主の義務だと思う。
Nちゃんはそれをきちんと実行している。
それにバーチョが応えたのだ!

おめでとう、バーチョ!
おめでとう、Nちゃん!

また周囲をアッと言わせてネ。
[PR]
# by lonmichubonnie | 2005-10-24 11:51

一長一短

このブログのタイトル
    "Weekend Sheepdog"
が指しているように
わたしたちには週末しか羊を追う機会がない。
ボーダーコリーに生まれてきたからには
一度は羊を追わせてみたいという気持ちから始めた羊追い、
今ではどっぷりはまってます(^^;

ということで今日もみちゅ&ボニを連れて牧場へ。

ボニは自主練を許されている身だけど、わたしの不安が大きいので
講習を受けている。
今日は歳三くん、二コちゃんと一緒。
どちらも若いけどよいセンスの持ち主♪

ボニは相変わらず冷静。
羊に向かっていく姿はまさに
”小さな成犬”(K師談)

でも、Waitのききが悪くなってる・・・
なので止めようと思うときに鬼ごっこ状態に。
見かねたK師が
「そのまま追いかけっこしててください」←(K師、楽しんでたのかな?)
と、ロングリードを取りに行ってくださる。
Waitと言っても止まらなかったときに踏んで止めるためのアイテム。

AwayとComebye、Walk onを使った練習。
接近戦は前回よりはイヤイヤしなくなった。
今日は左右に180°振る練習も取り入れ、
コマンドへのレスポンスも良く、羊を動かせるようになってきた♪

2度目のボニの番、囲いに入れてすぐにリードを外して
「自由にさせてください」との指示で勝手に羊の方へ。
またグルグル回るだろう、との予想に反して
細かく左右に振って羊をこちらに押してくる・・・
Fetchしてる(@O@)

ちょっとびっくりな出来事。
ボニの覚えの良さを改めて実感。

1頭のはぐれ羊を追いかけていってじっと見据え、
しばらくそのまま見ていたけれど
さっとこちらに戻ってきた。
深追いはしないんだ・・・。
ボニが戻ると同時に羊も群れへ戻ってきた。
そのへん読んでるのかな????(親バカ)

K師に最後に言われたこと
「このままもっと冷静になっていくかもしれませんね」
・・・どういうこと?



みちゅの自主練。
DriveとFetchの繰り返し。
そのあいだにわたしの立ち位置を変えて
Cross Driveに持っていく。
それでもやっぱりわたしの方に羊を持ってこようとする。
今日はLie downのききは少しマシ、だけれど全体的に動きが早い。
DriveのLie downは反応がいいのに
回り込ませてFetchになるときのLie downのききはすごく悪い。
なのでFetchの時の羊はすごい速い!!
「轢かれるぅぅぅ〜〜!」
いつも直前に難を逃れる感じ。
たまに足を踏まれたりするけど。

回すときはCome byeの方が大きめ。
Awayは小さく速くなる傾向が。
壁はがしは圧倒的にAwayが得意なみちゅ、
本当はどちらが得意なんだろう?
でもそれは修正していかなければならない癖なので
遠隔ではない練習も十分にしなければならない。

ボニにはみちゅにない”冷静さ”が
みちゅにはボニにない”がむしゃらさ”がある。
どちらも一長一短あって、絶対的にどちらがいいとは言い難い。

ボニは扱うのが楽っていうだけで
どこかできっと壁にぶつかる。
たとえばみちゅが得意な壁はがし
今後ボニにやらせようと思ったときにできるのだろうか?
冷静だけどそれほど力強さを感じない子。
まぁ、まだ仔犬が抜けきらないチビッコだし経験もないから
そう感じるだけなのかもしれないけど。

みちゅはいつも必死で何かをしようと考えてる。
その必死さが仇となって、冷静さを欠いている(と思う)
群れから離れようとする羊をグリップではなく体当たりで群れに戻したりできる。
そういう強さは、大事に育てたい。
でもお願い、止まって頂戴・・・。

みちゅの爪の垢をボニに、ボニの爪の垢をみちゅに
少しずつ与えて平均化したい今日この頃。
[PR]
# by lonmichubonnie | 2005-10-23 23:08 | sheepdog

わんこ3兄妹

            串に刺したい?
a0045099_0543415.jpg



           前々から不思議に思ってたこと・・・
                  同居犬って寝てる姿がシンクロしてる。。。
[PR]
# by lonmichubonnie | 2005-10-22 00:58

そういえば

前のblogで北海道旅行記書いてたんですが
すっかり忘れてました(^^;

9月2日から13日までの12日間に亘る犬連れ北海道、
中味も濃くって、面白かったです。
2〜8日は池田、9〜11日は白糠、12日は新冠と
訪れた場所は少なかったものの
経験したことは山ほどありました。
おかげでみちゅは1.5キロも体重が減り、
わたしも減った♪・・・かと思いきや、アイスやお肉の食べすぎで
いいように太って帰ってきました(>_<)
台風による思わぬファームインの滞在延長やCT体験、
民宿の一人部屋が怖いといってムリムリ2人で泊まったり、
白糠町のお祭りに遊びに行ったりと
羊以外でも面白いこと満載でした(^▽^)
ワンコ達をバスに乗せるときには不快な思いをしましたが
それも良い経験でした。

あれから1ヵ月半が経ちましたが、ずーっと残る思い出になったな〜♪

そうそう、シェイドは元気にしているようです。
広々とした土地で
毎日ご主人の男の子に遊んでもらって幸せに暮らしています。
わたしもシェイドについていけばよかったかな〜なんて(^O^;

ということで、北海道旅行記はお・わ・り☆
[PR]
# by lonmichubonnie | 2005-10-21 18:43

犬笛

犬笛の練習を始めました。

・・・といっても随分前から音の練習はしていたんですけど。

今持ってるのは
マザー牧場でもらったプラスチックの笛
犬雑貨のお店で買ったステンレスの笛
ボーヤで買ったステンレスの笛
どれも少しずつ違った音が出るし、
出し方のコツも違うような気がします。

先日、ビッグサイトで犬笛用のストラップも買って
やる気満々♪

犬笛を使うってことは
同じコマンドには常に同じ音が出せなくちゃいけない。
結構難しい・・・(×_×)
ドレミファ・・・って吹いてるけど
いつも最初の音が違う気がするし。
突然吹くと自分でびっくりするような音が出たり(^^;


ボニの呼びには笛はすっごく有効です。
3頭の中で一番笛に反応します。
ボニは早いうちに笛を教えようか・・・。

でも、その前に遠隔の練習をするみちゅのために
わたしは笛を練習し続けなければなりません(T_T)
[PR]
# by lonmichubonnie | 2005-10-21 09:56 | sheepdog

感心したこと

今日の夜の散歩での出来事。
グラウンドにはご近所さんたちの犬
・・・その時間になるとボーダーが多くて
今日は合わせて8頭のボーダーに
オゥシーとジャックの計10頭がいました。

ボーダーの中の1頭、みちゅと相性が悪いので
いつも50〜60mくらい離れて遊んでいるんですが
ウチの犬たちとあちらの犬たちのあいだを行き来する犬もいて
ボニーがその中の1頭と遊びながらあっちに行ってしまいました。
ちょうどみちゅがう◎ちしたので暗がりにライトを照らして
拾っていたところだったので、すぐに追いかけて行けなくて
代わりにあーたんとMさんが行ってくれました。
みちゅをあちらの群れに連れていきたくなかったので
しばらくボニーと呼んだりして待ってたけど、Mさんも来ないので
仕方ないか、わたしも迎えに行こうと最後にもう一度呼んだ瞬間

ひとつの黒い物体が凄い勢いでこっちに向かってくる!


ボニでした。
誰かについてきたわけじゃなくて
ひとりで走って群れの中から戻ってきたんです。

ボニは呼び戻しを教えてない・・・けど普段は常にわたしの傍にいるし
特に何かをビシバシ教えているわけじゃない(除く:No!)んだけど
なんとなく何でもできてしまう。
No!のひと言で大抵のことを抑えられる。

わたしの犬ながら、今日はとっても感心してしまいました(^-^)
完全なる親ばか、ですが(^O^;


でもこんなに楽でいいの???
いつか、反抗期がきて大変になるのかな〜〜(>_<)
[PR]
# by lonmichubonnie | 2005-10-20 23:33

くっさいチュ〜(>_<)

ボニ、相変わらず食糞してます(-_-;
まぁ、自分で自分のものをリサイクルしてて、今現在回虫もいないし、
やめようと思うまで仕方ないかなぁ・・・なんて思ってるんですが
(みちゅもかなり長い間う◎ち食べてましたから)
その口でロンの口をナメナメするのはお願い、やめでぐでぇぇぇ〜〜〜(>人<)
と、No!で止める努力はしてる。
なのでロンのお顏は朝晩拭き拭きしてます。

キタナイ話ですが、
みちゅが食糞してたころは
やったな、と思った時に口をあけると歯に詰まってて
いかにも『食べた』感があって、イヤだったんだけど
ボニは舐めながら食べるらしく、歯に詰まってることってあまりないんですね。
だから口のニオイを嗅がないとわかんないんです。
口を上下に開けるとぷぅぅ〜〜んと香ばしいカホリが。。。
ロンはそのくっさーいチュ〜を、毎日浴びているわけで。
憐れ、ロンよ。もう少しの辛抱だ。

・・・なんでこんなことを書いたかというと
ついさっき、またまたやられてしまったから・・・。
この格闘!?いつまで続くことやら。


a0045099_1525349.jpg自分のう◎ちはそんなに美味しいのかい?
ボニたん。
[PR]
# by lonmichubonnie | 2005-10-20 15:26

ちびっこボニたん

ボニはやっぱりチビッコ〜。a0045099_20454471.jpg
ベスト体重17.5kgの
♀にしてはでかいみちゅと比べると
とっても可愛く見える♪
まだ半分くらいしかないもんね。
[PR]
# by lonmichubonnie | 2005-10-19 20:51

名前の由来

ウチの犬たちの名前の由来。

☆ロン☆
『明日に向かって撃て』のブッチキャシディからとった『ブッチ』などの候補もあったけど
なんとなく。
子供でも呼びやすいかと思ったけど『ロ』の発音って意外と難しいみたい。
甥が小さい頃は『ボン』になってた・・・本人はロンのつもりで言ってたみたいだけど。

☆みちゅ☆
名付け親はブリーダーさん。
生まれて間もない頃、UHBというローカル放送局のキャラクター『みちゅ』に
そっくりだったことから、そう呼ばれていたみたい。
「良い名前考えてください」とブリーダーさんに言われたものの
思いつかなかったのでそのまま拝借。
自分の名前とかぶるのでそのままもらうか悩んだこともあったな〜。
今ではこれ以上ふさわしい名前は彼女にはないと思える。

☆ボニー☆ 
上2頭がステキな名前とは言えない状況なので、次こそはまともな名前にしようと
辞書やらいろいろ調べてみた。
美しく健康な犬であるように願いを込めてBonnie。
ポニーと聞き間違えられることもよくある。         
『俺たちに明日はない』 のボニー&クライドからとったわけじゃないので悪しからず。


でもホント、名前つけるのって苦労する(^^;  

      

 
[PR]
# by lonmichubonnie | 2005-10-19 11:29