ボーダーコリーとの日々の暮らし ときどきシープドッグトレーニング


by lonmichubonnie

<   2007年 11月 ( 52 )   > この月の画像一覧

おめでとう!!

九州で安西さんと羊追いをしていた頃
関東ではマザー牧場でシープドッグトライアルが開催されてました。

お友達のNちゃん一家の面々が素晴らしい成績だったようです!

バート☆上級優勝おめでとう!!
a0045099_20493926.jpg


ヴィータ☆上級準優勝おめでとう!!
a0045099_20503060.jpg


サイファ☆中級優勝おめでとう!!
a0045099_2051284.jpg


ミーティス☆中級準優勝おめでとう!!
a0045099_20545078.jpg


Nちゃんちの出場選手がみんな優勝準優勝なんてすごすぎる!
ハンドラーのMちゃん、おめでとうございます&お疲れ様でした〜〜♪
[PR]
by lonmichubonnie | 2007-11-12 20:57 | sheepdog

目が

なくなります
a0045099_1313976.jpg

[PR]
by lonmichubonnie | 2007-11-12 13:17 | Michu

なぜか

Lie down と言ったら
アンディの真横にぺったりくっついて伏せてるみちゅ。

a0045099_13104190.jpg


a0045099_13105360.jpg

みちゅ、胴が長いよ・・・。
[PR]
by lonmichubonnie | 2007-11-12 13:11 | sheepdog

週末

安西さんのシープドッグセミナーでした。

1日目は大学での講演。
羊牧場の経営の話とか・・・犬の話もちょこっと。
そしてデモ。
学生さんもお客さんも楽しんでいたようです。

その後場所を移動して講習会。
受講頭数が多めなので1頭あたりの講習時間は短いけど
他の犬の様子やそれについてのコメントや
これからどうしていったら良いかという話を聞くだけでも勉強に。

2日目も講習と体験。
お昼にデモ。
牧場に来たお客さんも見学されてました。


うちの犬たちの講評は。。。
ダウンの強化
羊との距離を空ける
人の立ち位置に注意

ハイ、これはずーっと言われ続けていたことで
わたしが直せてないだけのことなんです(^^;

こっちに来てからわたしの気がゆるんでるのか
2頭とも止まりがすごく悪くなってきてて
どうにかしなきゃ・・・と心の中では思ってたんですが
久しぶりにプロからの指摘をもらって
気合いを入れ直してもらった感じ♪
普段の生活の中でも許さずにやって行かなきゃな。

講習や体験をした犬たちもそれぞれで
羊の周りを回りながら追う犬
吠える犬
止まらない犬
羊に興味のない犬

1回や2回羊に会わせてみたくらいじゃ、犬の本質なんてわからない。
ある時突然目覚める子もいるし。
なので、今回体験した子には、ぜひぜひこれからも続けて欲しいと思います♪
何度かやってみて飼い主さんが納得しなければそのとき考えればいいしー。



安西さんが今預かってるPちゃんもお手伝いに来てくれました。
春に飼い主さんとやってるところを見て以来でしたが
元々良かったけどさらに良くなってて牧場の犬みたい♪
a0045099_1172533.jpg

Pちゃんの追いの姿はママによく似ている気がします。
小柄だけどあふれるパワーの持ち主!!


風が強くて寒い中、みなさんお疲れ様でした。
[PR]
by lonmichubonnie | 2007-11-12 11:27 | sheepdog

ポニーのたろうくん

a0045099_9143276.jpg


とても幸せそうな寝顔♪
[PR]
by lonmichubonnie | 2007-11-12 09:15

Bonnie

a0045099_23592597.jpg

[PR]
by lonmichubonnie | 2007-11-11 23:59 | sheepdog

Michu

a0045099_23581754.jpg

[PR]
by lonmichubonnie | 2007-11-11 23:58 | sheepdog

Andy

a0045099_23571012.jpg


a0045099_23572338.jpg

[PR]
by lonmichubonnie | 2007-11-11 23:57 | sheepdog

キリン?
a0045099_11183929.jpg




耳は違うけどプルート?
a0045099_11185341.jpg




わたしは犬です。
a0045099_11195064.jpg




影はハイエナ?
a0045099_11202491.jpg

[PR]
by lonmichubonnie | 2007-11-09 11:20

信じてること

わたしには憧れの犬がいます。

その犬は3年前に亡くなりました。

その犬の娘が9月に子犬を出産しました。
わたしはその半年前に子犬を予約しました。
その時点で7番目。
そのときにはブリーダーさんから
今まで8〜10頭産んでいるからたぶん大丈夫
と言われていました。

でも生まれてきた子犬は2頭でした。
どちらも♂。
だけどわたしの前の希望者は多くが♀を希望しているとか。
わたしは「性別は選びません」と言っていたので
わたしの前の6人が♂の子犬を欲しいと言わなければ
来るはずでした。
が、
子犬は決まってしまいました。

ブリーダーさんは子犬が2頭しか産まれなかったことを伝えてくれたときに
♂でも気にしない、と言っていたわたしに親切にも
2年前に同じ両親犬から産まれた♂を売るつもりだけど、どうかしら?
と言ってくれていました。
彼はある程度シープドッグとしてのトレーニングがされていて
素晴らしいoutrunをする犬でした。
見た目も好み。
まだトレーニング途中なので、これからもっと良くなると。

悩みました。

子犬を買うよりも倍以上の金額がかかるかもしれない・・・。


結局家庭の諸事情で彼を手に入れるのは断念しました。
子犬の数が足りなかった時点で縁がなかったんだとあきらめる事に。

最近、彼が売りに出されています。
何となく、寂しいような、複雑な心境です。
これって、日本人的感覚なんでしょうか・・・。
素晴らしいハンドラーのもとで幸せに暮らしてくれることを祈ってます。


彼や彼の後腹の子犬とは縁がなかったけれど
わたしはいつか
憧れの犬のような犬と出会えると信じています。

そのためにも今は、今いる犬たちと最善のことをしよう!
[PR]
by lonmichubonnie | 2007-11-08 21:35