ボーダーコリーとの日々の暮らし ときどきシープドッグトレーニング


by lonmichubonnie

<   2006年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

寝る前の1コマ

ベッドの上でわたしの胸の上あたりをまくらにして寝てる図
a0045099_8503159.jpg

この生き物は一体・・・・!?



メッシュケージの中で横たわる図
a0045099_8511341.jpg

こんな時まで目つきが怪しい・・・
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-07-04 08:54

カラス

ロンは若い時にベランダ暮らしの時があって
その頃、わたしの知らない間にカラスと闘ってたらしく
カラスを見かけるとすごい勢いで吠えます。

今日、屋上のアンテナにカラスがとまってるのをみつけて
3頭と階段(ベランダから屋上に上がる)を上がっていったんだけど
みちゅやボニじゃ追い払えなくって
ロンが今にも飛びそうな勢いで
「わわわわわんんっっっ!!」(⇦こういう感じなだけ)
って吠えたら
慌てて飛び去っていきました。
きっと、若かりし頃、ベランダと屋上を行き来しつつ
うちに来襲する?カラスと1人で一生懸命闘ってたんだなぁ。
ご苦労様、ロン♪
案外、頼りになるじゃん(^^)


ロンを飼う前に
ベランダの戸をコツコツ、と叩くカラスがいたなぁ。
飼われていたことがあるようで、
人に慣れてて、おねだりしに来るように。
あまりにしつこいんで相手にしなくなったら
来なくなったけど・・・(^^;;
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-07-03 22:33

歳のせい・・・かな?

歳取ってから
ロンが音に敏感になりました。
若い頃は音になんかほとんど反応しなかったのに
去年くらいから花火の音が聞こえると、それから離れる方向に歩いたり
今日も雷が鳴ってたら、ウロウロオロオロ動き回って
耳は音を拾うような感じに・・・所謂、聞き耳を立てる?状態になってます。
ブルブル震えたり、発狂したように暴れたりとか、目に見える部分はないんですが
なんとなく嫌がっている様子。
心配するほどの状態ではないけど、
歳を取ると、以前はなかったことが出てきたりするから
他のことにも気をつけていかないと、って改めて思いました。

ロンが落ち着かない様子でいた時
みちゅもボニもでれれ〜〜と横たわってました。

キミたちはいつまでもそのままでいてくれ〜〜〜!
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-07-03 15:00

雨女なのか?

ハイ、もちろん今日も服部です。
曇り時々雨の予報だったので
雨を覚悟して行ったんですが・・・
講習中は降らずに済みました♪

蒸し蒸しと暑くて
だけど虫が凄いっていうんで
長袖のジャンパー羽織って講習受けました。
濃い〜い15分を4回繰り返したら汗だく・・・!!

みちゅは遠隔はやらずに、わたしが近くにいて
失敗しないような内容の練習。
steady, away, come bye, lie downのコマンドで
羊を押していく。
その間にわたしの立ち位置を微妙に変えて
近場のcross driveの練習も入れてみた。
暑さのせいか、羊の動きが悪くて
ほんの少しずつみちゅを動かしたら羊も動くとのこと。
でもflankのコマンドは少し大きすぎる。
もう少しみちゅを早めに止めないと、
せっかく動き出す羊を止めてしまってると。
来週は夏休み前の最後の講習になるので
そこでもう一度、トライしてみよう。


ボニはdriveの練習。
羊との距離をあけてflankの練習・・・をしたいのだけど
羊との距離が詰まってしまいがちで
すごく近くなってしまう。
適切な距離感がまだ養われてないんだなぁ。。。
うむむむ。
どうやって教えていこうか。
熊手の登場か!?

羊に対する意欲とかの面では
今のところ問題なし。
ただ、抑えられる場面が多くなってきて
草食いが始まってしまった。
普段から気をつけてないと、ダメだ〜!

Derekさんの本に
距離が近くなると目を使うことをせずに体を使うようになる
と書いてあって、
目を養いたいならきっと距離感をつかませることって重要なんだろな
と、この前思ったばかりなんだけど。
まだまだボニのシープドッグ犬生は始まったばかりなので
修正がきく段階のうちにどうにかやってしまわないと・・・!!
さて、どうするか。
K師には羊とボニの間にわたしが入っていくと教わったけど
どういうタイミングでどうプレッシャーをかければいいか
立ち位置はどこがいいのか
今季最後の講習でアレコレ聞いておかなくっちゃ♪



講習が終わって、みんなで話してると雨がポツポツ。
次第にザーザーに変わって・・・
大雨じゃん!
やっぱりわたし、雨女なのかな。

・・・きっとわたしが去った後は、太陽が燦々と降り注いだことでしょう。
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-07-02 16:59