ボーダーコリーとの日々の暮らし ときどきシープドッグトレーニング


by lonmichubonnie

<   2006年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

羊追いを始めて、3年半が経ちました。
正確に言うと、ロンに初めて羊を追わせて8年近く・・・。

濃い内容の3年半の間には、もちろんいろんな壁にブチ当たりました。

みちゅは意欲満々すぎて、
意欲ばかりが先に立って、ハンドラーであるわたしの存在を
意識しない期間がとても長かったです。
意識しない、って言い方はちょっと違ってるかな?
意識していても、羊への意欲の方が強かったということでしょうか。

普通に羊の後ろをついて歩くようになるのに
1年近くかかったことを覚えています。


*********************************************

一昨年の秋、
ボニの親元、Janetが開催したセミナーで
開眼したというか、気づかせてもらったことがありました。

みちゅがわたしのために動こうとしているということ
だから信じていいということ

それまでは
コマンドは聞くのが当たり前、
好き勝手やらせたらだめだ!って思ってたんですが
そうか、彼女はわたしのためにやろうとしてるんだって気づいて、
とても楽になりました。

みちゅを信じて、任せる部分もあっていいんだ

ぎゅうぎゅうにコマンドに押し込めることは無い

ただし、これは基本的な服従の姿勢があってこそできることで
こちらの声に耳を傾けることができずに意欲だけで押し切ることは
かえって危険で、悪い癖をつけるような気がします。
なので、羊追いを始めたばかりの頃のみちゅには、あてはまりません。
第三者から見てそう思って貰えたのは
それまで2年近く頑張った甲斐があったからなのかなぁと。



ボニはなんとなく気負いが無く
伸び伸びと育ててこられたと思ってます。
まだまだ意欲の方が強いですが、
わたしの動きを読み、声を聞ける余裕はあるようです。
意欲の中に、冷静にものを考える部分があるのかな。


講習の度に
何度も同じようなことを書いてきたけれど
みちゅとボニは対照的というくらいに
性質が違います。

みちゅには厳しく
求めたことをやるようになるまで
何度も何度も強制的に教え込みました。
冷静さが欠けていた部分を補うのに
必要だったのだと思います。
ただ、その冷静さというものが
本来持っていたのに育て方によって失われたものなのか
元々持っていなかったのかはわたしにもわかりません。
冷静さを引き出すというよりも情熱を抑えることで
コントロールできるようになってきた、という感じでしょうか・・・。

ボニは元々、仔犬らしからぬ冷静さと観察力に優れていました。
それがシープで活かせたために
強制的に物事を教えるというよりも
ボニが考えて動く自然な流れの中で
大切なことを身につけさせることができてきました。
That'll do!で羊から離れわたしについてくるという動作も
リードを付けて羊から離れさせる時に、言葉を被せているうちに
自然に覚えてくれました。
苦労しなかったとは言いませんが
みちゅに比べたらずっと育てやすい犬だというのは間違いないと思います。



***************************************************

Janetのセミナーを受けた後、そこで使ったアイテム(熊手)を
講習や復習に持っていったものの
みちゅには合ってない、できたことができなくなる
ということで結局使って練習することはありませんでした。
逆に、ボニにはJanetが教えてくれた方法というのが
とても合っているだろうと言うお言葉をK師から頂いて、
なるほど、個々の性質で教え方、アプローチの仕方が異なるのは
当たり前なんだなぁと思いました。
それは違う性質の犬を飼ったおかげで
わかったことです。
最初に熊手を否定されたときには
正直言って「なんで!?」って思いましたから。


***************************************************

一言でボーダーコリー、ワーキングシープドッグと言っても
いろんな性質の犬がいます。
意欲満々な犬
冷静で考える犬
羊といることを楽しむ犬
などなどなど。

だいたい、意欲満々で強い犬は冷静さに欠けるし
冷静に観察する犬は強さが足りない場合が多いようです。

どっちを優先するか?

意欲を抑え、冷静さを引き出す
どんな場合でもハンドラーの言葉に耳を傾けることができれば
もしもの時でもコントロールすることができるような気がします。

冷静な中に、強さが欲しい
良い動きをしたときにはそれを励ましてやること
良い動きが出るように、ハンドラーが工夫して練習すること
(そして常に成功させること)
なのかな・・・???
↑強い犬にも当てはまることだけれど
みちゅにしろボニにしろ
どちらかというと強いので、はっきりわかりません。


************************************************

どんな犬でも叱られることは嫌なもので
褒められたいと思うものだと思います。
働いた後の犬の満足げな顔は、ハンドラーを幸せにします。

わたしが見ていてほほ笑ましいと思うのは
Nちゃんとバーチョの追い終えた後の姿。
Nちゃんに飛びつくバーチョは本当に嬉しそうで満足そうです。
羊を追っている間は、間違ったことをするとNo!と言われたりしているのに(^^;
Nちゃんは大袈裟に褒めたりしているわけではないですが
きっとバーチョとは心で通じてるのだと思います。
(なんて勝手な憶測してごめんね、Nちゃん)

自分の犬のそういう姿が見たいから、
悩み、苦労しても
わたしはトレーニングをやめられないのかもしれません。
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-11 08:52 | sheepdog

モテモテ!?

昨日はモテモテの日でした。

誰がって、わ・た・し(*^O^*)

相手は、Nちゃんちのさいふぁくん。

ヒートのボニにラブラブアタックするも、ボニの反撃に撃沈。
仕方がないので、わたしの足に腰を振る始末。
そうこうしているうちに、わたしが同種の♀に見えたのか
ケージに入っていても、わたしに熱い視線を送ってくる。
わたしが動くとさいふぁの視線がついてくる。

わたしは羊じゃないよ〜〜〜

射るような目つきのさいふぁ。
羊の動きが良くなるのもよーくわかる。

わんこにモテるのも、悪い気はしないなぁ、なんちって(^_^)
さいふぁが人間だったら、結構好きかも〜濃そうだし。

しばらくケージに入っていてクールダウンしたかと思いきや、
ボールや軍手で遊びながら隙をみて飛びついてくる。
その度に、みちゅやボニに攻撃され、Nちゃんに怒られながらも
めげずにやってくるさいふぁ。
なんだか可愛かった♪♪

次に会った時には、すっかり忘れていそうだけれど!



講習の方は、ぼちぼち。
みちゅはアウトランの練習。
少しずつ距離をあけていく。
出だしで膨らむことができれば、最後まで大きく回れるよう。
羊の側に行った時に、みちゅが”考えている”様子がわかる。
羊の向こう側でのダウンが効き難いので
みちゅのアウトランと共にわたしも羊の側まで走り、
ダウンを強要。
続けていたら少し良くなってきた。
みちゅ、羊群にかくれて後ろで押してくることが多いので
羊の動きが早くなる。
ダウンは必須!

まだまだ距離が空くと、S字を描いてしまうので
S字を描きそうになる時に外側に膨らませるように
何かを投げるとかすると良いそう。
あと数回の練習で、うまく行くかしら??



ボニは、講習前に2度も乱入(-_-;
ケージから出して側で伏せさせてて
しばらくはじっとしていたのだけれど
何かの瞬間にルナちゃんの講習に乱入。
連れ戻したと思ったら今度はバーチョの復習に乱入。
すっっすみません!!!

講習ではいつもの練習。
止まらせることを少し多めに入れて
止まる時間自体は短く。
羊と対面したとき、羊が方向を変えるまで見ていることもできるようになってきた。
アウトランもどきの練習も。
少し距離をとって、方向の指示と共にそっち方向に送り出す。
まだ6割くらいの確率。

わたしの動きでボニの動きを制御できるので
大声を出す必要もないし、
ボニの練習では声は枯れることはないけど
体力は要るかも・・・。
8〜9割は、コマンド&動きで動かせるので
競技会の予選は中級だと言われてしまった・・・。
コース長いよ〜〜(T_T)


次回は予選会直前の練習になるけど、
大丈夫かなぁ・・・ちょっと不安。



そういえば、珍しい方が練習に訪れていました。
Wさんと勇虎。
ボニと同じ回に講習に入っていて、
アウトランを熱心に練習されてました。
柵入れなどもやっていました。
勇虎の生真面目さって、なんだかすごく羨ましい!!
凛々しい勇虎にうっとり。

Wさんには、缶コーヒーをいただいてしまいました。
ごちそうさまでした♪
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-08 09:22 | sheepdog

きっと早死に(T_T)

いつも思うんです。
みちゅはきっと、神経遣い過ぎて、早死にするって。
ロンは超マイペースだし
ボニもそれほど敏感じゃない。
みちゅはいろんなことに敏感で、
常に頭を回転させてる感じ。
見てるわたしも「疲れないかな?」とちょっと心配しちゃったり。
そんなにアンテナ張り巡らさなくても良いのに〜って。

そんなみちゅを頼ってるわたしもいて、
なんか申し訳ないような・・・。

頼もしく心強いパートナーだけれど
もっとのんびりと構えていて欲しい〜〜〜!!
出来るだけ長く
一緒にいたいもんね(^-^)
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-06 20:51

散歩

ひさしぶりに長めの散歩をしてみた。
自宅からT通りをK街道に向かって歩き、
K街道からAスタジアムを回ってH街道に向かってひたすら歩く。
K街道からH街道までが結構長い直線。
途中RYOちゃんのお店に立ちよって立ち話。
ここが折り返し地点って感じ?
そこからMの森公園を抜け、飛行場の脇を通って帰宅。
正味1時間20分。
信号で止まることはほとんどないから
ウンチ拾ったりする時間差し引くと1時間15分くらいだろうか。
膝の裏が少し筋肉痛(^^;

歩いている間にすれ違う人にボソッと何かを
言われることが多い。
たいてい、わ〜とか
ホラ、ワンちゃんよ、とか。
養護学校の生徒さんらしき人には
念仏のように
「犬だ犬だ犬だ・・・」
と言われたり。
「血縁ですか?」とかも、よく聞かれる。
避ける人1割、気にしない人6割、声をかけてくる人3割くらいな感じかな。
わたしが幼い頃よりも、犬に関心を持つ人(好きだと言う人)って
増えているような気がする。

僅か1時間くらいの間にも
いろんな人に会って、人間観察できて面白い。
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-05 09:47

食べ方でわかる性質?

うちのわんこたちのゴハン

朝:ドッグフード (アーテミス、ティンバーウルフなど 時折変えます)
夜:BARF・・・野菜&肉(馬肉、ラム肉、ターキー、うさぎetc)
                 野菜はたまに手抜きでソジョーズで代用

てな感じなんですが、、、、

食べる早さが微妙に違います。

みちゅはドッグフードでもBARFでも一番早い。
ボニはBARFだと早いけど、フードは遅い。
ロンはマイペースだけど、フードはボニより早い。

でも、みちゅはうちに来た頃は、食べるのがめっちゃ遅かったはず・・・
フードなんか一粒ずつ噛みしめるように食べてたのに。
いつの間にか、「早く食べてロンのを横取りしよう!」という悪知恵が働き
流し込むように食べるようになってしまったのです。

ボニは早く食べ終わったみちゅを牽制しながらも自分のモノを食べ続けられるのですが
ロンはすぐに譲っちゃう。

「あれ?ボクのは?」
と、呆気にとられたまま、立ちつくしています。

こういうところにも、個々の性格が色濃く現われるので、面白いです。

・・・っていうか〜
どこの世界も、女は強い、ってことなんですかね。。。



そうそう、
ロンの面白い癖をひとつ。

ごはんを催促する時に、
自分のお皿を鼻で押して持ってくるか、
手近にあるもの(ごみ箱とか、父親の一升瓶とか)を鼻で押し倒すんです。
注目は浴びるけど・・・それじゃ、ごはんは出てこないからね〜〜。
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-03 20:47

Happy Birthday!?

ジブン。
この年になると
嬉しいやら悲しいやら
複雑〜な感じ(^^;


親に
「今日わたしの誕生日♪」
っていったら
おめでとうと言われるわけでもなく
「ケーキでも買う?」
という返事。
ケーキの上に乗るロウソクの数は
年々増えていくわけで。
そういえばばーちゃんに至っては
「太いの9本、細いの7本ください」
ってケーキ買う時に頼んだっけ。



1年ほど前から
髪に白いものが混ざるようになった。
ウチは兄2人も白髪が出るのが早かったので
そういう家系なんだと思うけど
鏡に映して見る度に、これは死んだ毛なんだ〜(TOT)とか
ひとりブルーになったりして(^^;

とりあえず、この一年、無事であったことに感謝して!
また来年無事に誕生日を迎えられますように(-人-)
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-03 16:55

降らなくて良かった♪

今日は雨の天気予報だったけど、
午後まで降らずになんとかもってくれた♪
おかげで服部でグチャグチャに汚れることもなく
ヨカッタヨカッタ!!

ということで、言わなくてもわかる
今日も服部、でした。

みちゅは今日は結構落ち着いていて
羊を走らせることなく動かすことができました。
AwayとCome byeのコマンドが
わたしから離れるとやや不安定でしたが、
落ち着いて追うことができれば、すぐに直せると言うK師のお言葉で
ちょっと安心。
久々にアウトランの練習しましたが
Awayだと最後の最後で近くなる・・・けど
内側に入りかけたところでもう一度Awayを言うことで修正可能と
いうことでした。
Come byeは結構距離もとれていい感じかも♪
5月の競技会までに、修正しなきゃならない点が洗い出されてきたから
あと2ヵ月弱、がんばらないと♪

ボニはヒートだけれど
いつもと変わらず羊熱心。
わたしと羊の距離をちょっととってFetchの練習。
ただ、空きすぎるとわたしと羊の間を回るので
距離は程々じゃないと(^^;
まだ、コマンドは確実ではないけれど
前のように一方向に回り続けることはなくなってきました。
今までリード付きでThat'll do!のコマンドで
羊から離れ、わたしの側に来る練習をしていたのですが、
今日はリード無しでもThat'll do!で羊から離れLie down、
そしてひと呼吸おいてからWalk on, Lie downの繰り返しで近づく
と言う感じに
小刻みな動きもかなり板についてきました。
今日はリードを投げたのは最初の1度だけ。
あとは、羊を見ながらもコマンドを聞いてくれていたので
必要なかったです。

ようやくボニの扱いやすさを実感!

競技会・・・立ち位置制限がなくって良かった〜〜。
予選までにあと何を教えられるかしら?
まだまだDriveはできなさそうだし(^^;



日曜日だというのに
何となく閑散とした感じ・・・牧場も講習も。
雨予報だったから人出が少なかったのかな??
カレー屋さんもお客さんがいなくて、暇そうでした。


復習しているサイファを見て、
動きの良さに感心!
追う時の勘の善し悪しって大きいですね。
Nちゃん曰く止まらない・突っ込む
という欠点があったようですが
それが改善されて、勘の良さが目立ってきたような。
そして『目』の使い方が、何とな〜く、違う。
目の使い方に関してはサイファとボニは似た感じがします。
Away方向のアウトランはキレイでした。
今後の成長が楽しみ(^▽^)
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-02 20:53 | sheepdog

帰宅〜!

相方の熊本までの自走につきあった5日間。
中央→名阪→中国→山陽→中国→九州→都市高速→九州
たしかこんな感じで高速乗り継いで。
熊本は遠かった〜〜〜(>_<)

京都では清水寺や二条城のライトアップが見れたし、
姫路城はキレイだったし、
倉敷ではおもしろい芸術家の方との出会いがあったし、
萩では長州が山口県のあたりだということを初めて知ったし(今ごろ(^^;)
福岡は思っていたより都会だったし・・・
長い道のりでたくさんの経験、しました。

車に乗っていて思ったこと。
地方で山の雰囲気も随分違うって事。
岡山あたりの”山”って
日本昔話にでてくるような
ポコっとしたかわいい感じの丸っこい山。
さすが桃太郎発祥の地!
九州の山は雄々しいというか雄大。
九州男児のイメージかなぁ。

山だけじゃなくって、
家の屋根ひとつとっても地方色豊か。
シャチホコみたいのついてる屋根もあった〜!
山口県の瓦はだいたいが赤っぽい瓦で
なんでかなぁと思ったら、秋吉台のあたりの土の色だったり。

新幹線や飛行機で通り過ぎてるだけだと気づかなかったコトが
車で行くとこんなに見えてくるとは!

今後はなさそうなので、いい経験でした(^^)


帰ってきたら予想通り、3頭に寄ってたかって襲われました(-_-;
だって、みんな玄関で待ってるんだモン。
かわいいケド♪


わたしのいない間に、
ようやくボニが女の子だということに気づいたロン。
ボニにプリプリ尻尾振りながら近ついたときに
ボニが「ヴ」って発すると
みちゅがどこからか飛んできてロンのマズルにカツっと歯を当てて
『イ〜ッ』と歯を剥く。
そしてロンとボニの間に立ちはだかる。
みちゅは、良いヤツなんだか何なんだか。。。
わたしが帰ってからの僅かの間にも
そんなことが繰り返されている。
ゴメンね、ロンくん。
キミがボーっとした性格で、ホントに良かったです。
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-01 00:18