ボーダーコリーとの日々の暮らし ときどきシープドッグトレーニング


by lonmichubonnie

<   2006年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

考えてみた

Nちゃんのブログに触発され・・・
叱らない躾けについて、考えてみました。

基本的に、物事を教える場面では叱ることはありえません。
教えている時に叱ることは逆効果です。
そういうときは違うことをしたら無視するか
正しい行動に導いてやることだと思います。
そういう意味においてはイアンダンバー博士が教えてくださった方法は
理に適っているし、推奨されるべきことだと思います。

だけど、”してはいけないこと”を認識させるには
No!を言うことを必要な場面も出てくるはずなんです。
もしくは”できるのにしないこと”に関して
今その行動は間違っているよと窘めるコマンドが必要なのではと・・・
もちろん、してはいけないことをしなくなれば
叱る必要性も減るわけです。

以前にも書きましたが
ダンバー博士のワークショップに参加した時、
みちゅに飛びかかってきた犬がいました。
突然の出来事に驚いて、もちろんみちゅは応戦。
それをわたしはNo!で止めました。
相手の犬の飼い主は、自分の犬を見ていなかったのか
何もしません。
そういう場合、ダンバー博士のやり方だと、
すぐに横につけるコマンドを出して、ちゃんとやったらおやつをやる
ということですが、
瞬間的な出来事の時に、そのやり方で素早く対応できるのか?
飼い主はすぐにコマンドを出せるのか?
疑問が残りました。
No!ならとっさに出てくるような気がしたのです。

もちろん、ヒートアップしたケンカを止める時に
No!はあまり役に立たないこともありますが、
ケンカしそうな瞬間をとめることはできます。


************************************************


No!を言うのがイヤなら
別の言葉に置き換えてもいいような・・・。
他の行動に転嫁させたり、おやつで釣ることは目先の物事の
すり替えでしかないような気がします。
そういうやり方ではこっちの言わんとするところが
理解できないままでしょう・・・。
犬ってそんなに馬鹿じゃないと、思うんだけど。


犬自身の行動を否定しないようにうまくやっていくというのが
褒める躾け、叱らない躾け、なのでしょうけど、
人間だって、してはいけないことをした時に子供を叱ることもある
そうやってしてはいけないことを覚えていくのだから


・・・No!を言うタイミングを外してはいけないと思います。
叱る=厳しくする ではなくて
してはいけないことをしそうな瞬間に
もしくはその行動が続きそうな時に
止めることに、まずは意味があるのではと思います。

********************************************

わたしは大学で柴犬5頭にオペラント条件づけの実験をしていました。
実験中の様子も個々に違っていて、
間違っても焦ることなく淡々と真面目に続ける子
やれば出来るのに、面倒になるのか途中で反応しなくなる子
報酬を貰うために必死な子
etc・・・
やらなくなる個体がいるとは思いませんでした。
犬の実験をする以前に
ラットで実験をしていたことがあったのでわかるのですが、
ラットの場合は、どの個体でも何があってもほとんど最後まで遂行することができます。
だけど犬の場合は、個体によってはその時々で行動が変わるんです。


それと同じで、躾けの場面でも
褒める=報酬を貰う
ことだけでは、上手くいかない個体もいるのではないかと。

*******************************************


ウチに来て間もないボニが初めて覚えた言葉は
No!
ちょっと離れたところで、食べてはいけないものを口にしようとした瞬間に
No!と言いながら手元にあったものを目の前に投げました。
キャンキャン言いました・・・別に当たってないのに。
それ以来、No!で大抵のことをやめさせることができるようになりました。

あ、まだシープにおいてはNo!の効きは甘いですけど(^^;


みちゅはシープで羊に突っ込もうとした時に
No!で止めることができるようになりました。
というよりも、止めなければいけない場面自体が減ってきました。
何をしたらよいのかしてはいけないのか
自身で考えて、選び取っているようです。

*****************************************************

躾けや訓練に関して
数ある方法から取捨選択するのは飼い主さんだし
これが絶対に良い!とか
あれはダメ!というのはないと思います。
自分で飼っている犬に合った方法を考えるのも
飼い主さんの役目じゃないかな〜〜と思うわけです。
だって、自分の犬を一番わかっているのは、飼い主さんですから。

**************************************************


わたしは
いけないことをしたらNo!
良いことをしたらGood job!
と声をかけることで
犬を育てていきたいと思います。
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-19 22:50

ゆるんでます・・・

涙腺。
最近涙もろいのです。

今日は吉祥寺の町中で盲導犬の訓練をしている人をみかけて
思わずほろっと涙が・・・。

先日、NHKで再放送されてた白クマのピースのドキュメンタリーも
見ながら大泣き。
それを見ていた母に
「今度住むところ、庭が広いからって、あちこちから(動物を)拾ってくるんじゃないわよ」
といわれ・・・。
いくら何でも、白クマは飼いませんよ。

大学生の頃に、馬術大会のTVを見ていても涙が止まらず大泣き。
何で泣いたのかわからないけど・・・

・・・ってことは涙もろいのは”最近”でもないか。

動物モノは特にダメです・・・
泣けと言っているようなもの。
本も結構ヤバイです。
でも止められません・・・


わたしが泣いていると犬たちは何をしているか?
ロンは自分の部屋に入り、
みちゅとボニはわたしのまわりをウロウロしてます。
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-19 13:58

やってみたかったこと

やってみました。


☆どっかのおやじ?
a0045099_14564539.jpg

・・・どこかでお目にかかりました?



☆ぱんだもどき
a0045099_14571491.jpg

・・・希少動物



☆”さぶ”もどき
a0045099_14574685.jpg

・・・蘭パパに鍛えてもらおう



☆普通のボーダー?
a0045099_145815100.jpg

・・・マスクオブゾロみたい



みちゅを飼っていると得した気分です♪

遊んでゴメン、みちゅ。
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-18 15:02

過去の栄光!?

今はオヤジで、毎日寝てばっかりいるロンも
昔はそれなりに、ボーダーコリーでした(^O^)

アジをやってみたいがために飼ったロンでしたが
何故かディスクにはまり、
3歳くらいまではよく大会に出ました。
今は無き、J○○Aとか、JFAにね。

その頃貰った、トロフィーたち
a0045099_9241758.jpg

何故か一緒に写るみちゅ・・・




トロフィーや盾、
ラリーは昔JSSCというクラブのショーで1つもらい、
みちゅもボニも今のところ1つずつしかないので、
うちではロンが一番持ってます。


a0045099_9261533.jpg

いちばん大きいトロフィーをガシャポンと間違えて、一生懸命ガシガシ押しているロン。
それを不思議そうに見るボニ。


今更出られないので
ロンにとっては、本当に過去の栄光です(^_^;
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-17 09:32

しっぽ

尻尾の状態でボーダーコリーの性質がある程度わかること
とある英語の本を読んだ時に初めて知りました。
それはまだ、うちのボーダーがロンだけだった頃のこと。
尾の位置は下の方が良いと書いてありました。

尾の付け根の位置が上にあって、常に上がっているのは
興奮しやすい証拠だと。
ロンは結構上がり気味だったので
あ〜その通りだ〜なんて思っていました。

ロン以外の犬はというと・・・
みちゅは、羊を追う時以外は、尻尾はおしりの穴が見えるくらい
ぎゅっと上に上がっていることが多いのです。
対してボニは、普段からそれを知らない人が見たら
”怯えてる、恐がってる”と思ってしまうほど
下がっているうえに後肢の間に入っています。
羊を追うときは、さらに尾に力が入るのか
尾の先だけが後肢の間から見え隠れする感じです。

ということは実際、尻尾の位置は、性質を表わしているってこと!
うちの3頭を比較するとその通りです。
面白い(^^)

ちなみに、尻尾の様々な状態で
犬の精神状態がわかることはご存知のとおりで
英語の犬の行動の本にはシェパードを模して
解説されています。


羊を追う時、
後肢の間に入るしっぽも良いけど、
わたしはみちゅのピーンと緊張して力の入っている尻尾も好きです♪
なんかアニメの世界みたいで(^m^)



a0045099_20222763.jpg

遊んでいる時もこの違い。
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-16 20:05

自主練

久々に自主練オンリーの服部。
普段は土曜日は行けないので
滅多にお目にかからない方々とも会うことができた。

アンディ、ビル、などなどなど。

アンディの動きは落ち着いていて、かな〜り羨ましい。
あっ、ビルも若いのに、焦りの無いあの動きはなんなのだ〜!!


と、羨望の眼差しでじっくり見る時間もなく
2コマ連続で復習。

朝一の復習コーナーのためか、
羊の動きが早い。
羊の動きにつられ、みちゅも焦り、バタバタしている。
アウトランもままならず。。。
最近は出ない突っ込みも、何度か。

ボニはいつものように左右に振って押してくるけど
羊が早いとボニの動きもちゃかちゃかしてくる。
・・・でさらに羊が早くなり、
羊に轢かれそうになるわたし(-_-;

2コマ目は、狭いほうで練習。
そっちの羊はそれほど激しい動きにはならない。
・・・ってか、落ち着いているビルが追った後だから???
みちゅのout runの成功率が高いし、近づいた時も落ち着いている。
ボニには
少し離れたところから回り込ませるout runもどきの練習
&連れてくるfetchの練習、
そして初めて挑戦する、fetchでまっすぐ押してくる練習。
いつもは大きめに左右に振る動きで羊を動かすけど
そろそろまっすぐに押すことも教えたいなぁと思って。
Walk onのコマンドで左右を抑えるようにボディランゲージで
少しできるようになってきた。
離れたところから羊に向かわせる時、
walk onである程度まではまっすぐ行けるのに
近くなると、回り込む。
まだ、仕方ないかな。
ぼちぼち教えていこうと思う♪



アンディのママさんから
スコットランド(エディンバラ)に美味しいオイスターバーがあることや
タータンチェックの種類が豊富で迷うよ〜ということを
教えていただきました。
そしてダンディなビルのパパさんには
寒いから夏でも今くらいの上着が必要だ〜
って教えていただきました。
そういえば以前アイルランドに行った時、
真夏にもかかわらず結構着込んだもんなぁ。

夏のイギリス行きがますます楽しみになってきた〜〜〜(^O^)

それまでにやるべきことをやっておかねば・・・(^^;
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-15 16:11 | sheepdog

羊追いの環境

熊本に行ったら
某大学にいるサフォークちゃんたちで
羊追いの練習をさせてもらおうと企んでいます。

九州の羊の数はものすごく少ないらしい。

日本の羊の頭数自体が1万頭あまり。
どこででも羊を追える環境にない!

なので、熊本はとってもありがたいのです♪


北海道、神奈川、愛知、で羊追いを経験しました。
それぞれの師からいろいろなアドバイスを頂きました。
もちろん、みんながみんな、同じことを言うわけではありません。
時には厳しいご意見も頂戴します。
だけどどれもみな、正しいのです。

わたしはわたしなりに
それぞれのやり方やアドバイスを取り入れて
自分の犬に合ったスタイルで羊追いをしているつもりです。
育て上げた経験がないので
経験した方から学び吸収し噛み砕き
自分のものにすること
それがベターな方法だと思っています。

いろいろなところで羊を追うメリットとして
もちろん、教えてくださる方のアドバイスが貰えることがありますが、
羊が違うので、もちろん追わせ方も変わってくる
"違う羊を追う経験が増えることで、どんな羊でも追えるようになること"
じゃないかなぁと思います。
それぞれの場所で、変に癖のついてしまった羊や
種類が異なる羊を追うことで
犬自身も徐々に羊を選ぶことなく対応できるようになるのでは・・・と。

なので、後輩が勤めている岐阜にも行きました。
千葉にも行きました。
埼玉にも行きました。
可能な限り、いろんな場所に行って
経験値を上げることは、必要なのでは・・・って。

もちろん、初期の段階の犬にいろんな羊を扱えというのは
ちょっと酷かもしれないし、それこそ悪い癖がついてしまうので
羊は選んで使うべきだと思いますが
同じような羊で、ある程度の段階まで練習を積んでいるなら
違う羊で追う練習もしたほうが良いのだな〜と。

これはボーヤ杯に出て感じたことです。
服部の羊は柵入れに慣れていて
それほど苦労せずに入るのだけれど、
ボーヤの羊は慣れていないせいか、
1頭入っても、他の羊は続いて入ろうとせずに
イヤイヤ状態・・・。
わたし自身も初めての経験でした。
羊は他の羊の後をついていくものと思っていましたから!!
揚げ句に、なかなか柵に入らない羊を杖で制して入れようとしている姿が
TV放送されちゃったりなんかして
「羊を叩いてる!」
なんて思われたわけですから(^^;

そして、一度は羊を追わせてみたいと思っている
ボーダーコリーのオーナーさんのためにも
全国に練習の場が広がるとよいなと思います。

日本の羊追いの環境がよくなりますように!




・・・・羊には優しく!!
羊追いを始める前に
羊の勉強をすると良いと思います(^-^)
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-14 10:52 | sheepdog

測ってみた

前から気になっていたこと。

ボニの目は離れている!

それを実証すべく、測定してみました。

左右の瞳の中央間の長さ(目)
耳の付け根延長線あたりから鼻先までの長さ(鼻)
の2ヶ所を測りました。

<結果>

・ロン 目:6.5cm 鼻:20.5cm
・みちゅ 目:7.0cm 鼻:20.5cm
・ボニ 目:7.0cm 鼻:18.5cm
※数値はおおよそ

数字になるとわかりやすい!
ロンは顔が長く、目が近い
みちゅは顔が長く、目が離れている
ボニは顔が短く、目が離れている

     ⇩ ⇩ ⇩

ロンは目が寄っている
ボニは目が離れている
みちゅは中間?

ということかな??

ボニの目は、徐々に離れていっているような。
草食動物みたいに、横に付く日も近い!?


余談ですが、
目が寄っているロンが、一番"かわいい顏"に思えます(^^)
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-12 22:39

TV

お昼、ついてたTVから聞こえてきたのは羊の鳴き声と犬の吠え声。

何やってるのかな?

見てみるとY村さんの牧場が!

Y村さんには7年近く前に、他の牧場でお目にかかり、
相棒のボーダーコリー、ジェスの仕事を見せてもらったことがあった。
そして、ジェスの娘のサンゴの子が、
今シェイドと一緒に暮らしている。

そしてY村さんといえば・・・
去年のボーヤ杯での「サンゴ〜」と呼ぶ声が
印象的すぎて、
TVを見ながら思わず笑ってしまった(^m^)

北の国にも春は近づいているようだけど
まだまだ寒そう(>_<)

映像を見ながら
未だに肥らないというシェイドが
冬を越えられたことは本当に良かったと
しみじみ・・・。

今年も北海道に行けると良いな〜♪
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-12 12:50

芸術だ〜

倉敷の木のおもちゃ屋さんでみつけたモノ。
a0045099_1482288.jpg

黒ラブのウッディクラフト。
からくり人形ってところでしょうか。

これがなかなかスゴイ!
口、足、尻尾などは動くようにできていて
お腹に棒を刺して支えているんですが、
棒を動かすと犬に動きがでます。
お腹側に穴が4つ空いていて
棒を刺す位置で、動きが微妙に違う。
喜んでいる姿、怒っている姿など・・・
よくできています!

お店には、この作者さんがよくやってくるようで
わたしたちが品定めをしている間にやってきました。
そして、台座にサインをしてもらいました。

元々は画家さんのようです。
木のおもちゃは趣味で始めた?のが
今では個展を開くまでになっているそうです。
犬はラブ、ゴールデン、ビーグル、コーギーなどなど
十数種類ありました。

相方は、同じ仕組みの魚(メバルだったかな?)を買っていました。
どちらかというと魚の方が動きがリアルで、
ちゃんとルアーや餌をおいかけ口をパクパクさせてました。

おそるおそる・・・
「他の犬種は作らないんですか?」と訊ねたところ
「何の犬種?」と聞かれたので
「ボーダーコリーです・・・」と。
「ボーダーね・・・」
話はそこで途切れてしまいました。
HPもあるので、メール書いてオリジナルを注文したいなぁと
思う今日この頃。
どなたか、一緒に注文します〜?

6月1〜10日、
帝国ホテル本館地下アーケードにある彌屋ギャラリーで
杉田修一 ウッディ・クラフトの世界展』
が開催されます。
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-11 14:22