ボーダーコリーとの日々の暮らし ときどきシープドッグトレーニング


by lonmichubonnie

<   2005年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

それぞれの課題

10時11時に1枠ずつ入れていたので朝から服部。
競技会前なので、いつもの金曜日と違って練習に来る人が多い!

みちゅボニみちゅボニの順で講習に入った。

みちゅは来週末の競技会向けの練習。
まだまだ未完成なアウトラン・・・アウトランというよりも
未だ直線的な動きが多い。
ただ、競技会本番ではいちいち修正せずに”だいたいの流れで”
やったほうが良いとのK師のお言葉。
もちろん、完璧にコマンドにしたがってキレイに動ける犬なら
やり直しはきくだろうけど、
みちゅのようにまだ粗削りで中途半端な犬の場合
とにかくゴールを目指して突き進めということなのだろう。
・・・といっても羊をやたらと走らせたりすることは避けるべきだけど。

Cross Driveの時は(それに限ったことではないけれど)
みちゅをやたらを動かさないのが正解のよう。
本番では旗門と旗門の間を横移動させるわけだけど
代わりに置いてある2つのコーンの間を羊が移動する間
みちゅを左手コーン付近に伏せさせたままでも十分。
ちょうどよく羊がコーンを回ってわたしの方へ向かってきて方向がズレ始めた時に
方向修正のためにみちゅを動かすだけでいい。
みちゅの場合、かなりの距離が空いても羊が動くので
”よい間合い”を保ったままみちゅを動かすことが何よりも大切に思う。
ただ、まだみちゅ自身が自信がない場面が多いから
どんな場面に遭遇しても
「冷静にコマンドを聞いて実行する」ことを強化していくことが必要。

そして課題はCome bye
壁にくっついた羊をCome bye方向から剥がすのが苦手なようで、
練習中もCome byeのコマンドを出すたびに
「え?何ですか?なんて言った?」
みたいに戻ってくる。
元々、呼び戻しをcomeで教えていたこともあって
Come byeを教え始めたころにcomeと間違えて戻ってくるクセがあった。
それで呼びはhereにしたけど
Come byeからの壁はがしをどうにか回避したいようで、
分からないふりをして戻ってくる。
何度やってもできないけど、諦めずに続けていたらどうにか羊がはがれて
歩き出したので、続けることができたけど、
これが本番だったら・・・と思うと、かなり不安が残る(^^;;

柵入れは難なく入れることができるので、本番でもどうにか最後まで
辿り着きたい!!

ボニはまたぐるぐる回りと対面での移動。
今日はLie downも入れながらの移動。
最初は止まりが悪かったけれど
続けているうちに、徐々に止まるようになってきた。
それでもスムーズにはいかないので、
”普段の止まりと呼び戻しをきちんとやること”
が今の課題。
AwayやCome byeの動きは特に問題なし!
試しに往復タイムを測ってもらったら1分をきっていた。
・・・そりゃそうだ・・・わたし走ってるモン!!
前回よりもボニに意欲が出てきたために、羊の動きが早くなってる。
わたしが羊に追いつかれたらボニを回して一度羊を止め、
それからまた再スタートする、というやり方で羊に轢かれるのを回避する。
意欲ありつつ無駄なことをしないし、コマンドもとりあえず聞いている。
今のところ、扱いやすい子だぁ(^O^)

競技会のためだけじゃなく
これから成長していくためにもそれぞれの課題をクリアすることが必須!!
頑張らなきゃ♪


今日はバトヴィタ、ルナ、Lady、ソラ、スパークなどなど見てて飽きない面々が
やってて、見学も楽しかった☆
[PR]
by lonmichubonnie | 2005-11-12 00:46 | sheepdog

いつもの・・・

いつも行ってるグラウンド。
a0045099_23533075.jpg


開けていて、良いところです。
休みの日には野球やサッカー、ラグビーの練習や試合を楽しむ人が集まる。


ウチのあたりは、比較的環境には恵まれている。
歩いていける範囲に
大島や新島に行くちっちゃな飛行機が飛びたつちっちゃな飛行場、
サッカーの試合やコンサートなどが行われるスタジアム、
植物園やお寺、広い都立公園もある。
都心へ出るのにも、それほど不自由しないし
住むには良いところかも(^-^)
[PR]
by lonmichubonnie | 2005-11-10 23:58

ちょっと安心♪

ボニが小さい小さい、と結構心配していたわたし。
生食だから、わたしの計算間違いで量が少なすぎるのかなとか
生まれたときに小さかったからかとか
いろいろと頭をよぎってたけど・・・

今日体重測ったら、11キロになってた!

でも身体は依然として小柄。
周りのボーダーたちがデカい所為もあるんだろうけど。
10キロありますって言うと
「そんなにあるんだぁ〜」
って言われちゃう大きさ。
身体は「痩せてる」ってK師に言われたけど
引き締まってる・・・ことにしておこう!

体重云々よりも
よい身体作りを心がけたいな。

みちゅより小さくみえるたいふぁくん、18キロあるっていってたもんなぁ。
あんな感じに小柄に見えても実はしっかりしてるんです!ってのを
目指していこうと思う♪

アジの開きのボニ
a0045099_11373173.jpg

[PR]
by lonmichubonnie | 2005-11-10 11:38

歯の掃除

今朝はしばらくやっていなかったわんこたちの歯の掃除!
予想してたけど、やっぱり歯石が結構ついてる。

まずはみちゅから。
仔犬の頃は爪も切らせてくれなかった(ブリーダーさんが深爪した影響と思われる)みちゅ、
歯の掃除までさせてくれるまでに成長したのは嬉しい限り。
でもやっぱり緊張気味で座ったままガチガチになってる。
それで口をこじ開けて掃除。
スケーラーで奥歯と犬歯の歯肉付近についてる歯石をコリコリ。
左奥歯が欠けてしまったみちゅ、やっぱりそのあたりには歯石が多いように
思えるので、念入りに。
最後にはリンゴ酢を薄めて浸したガーゼで全体をキュッキュと磨いて完成☆
うん、これで少しはお口クサ〜イのがなくなった(ような気がする)!

ロン。
8年半もやられてれば手慣れたもので、コロンと横になったままされるがまま。
やはり奥歯と犬歯にかなり歯石が。
細かい歯の歯肉の境界にも黒っぽいのがついているのでコリコリ。

下の犬歯をコリコリしているときにいきなり
 
 ブシュン

と、くしゃみ。

いやぁだも〜なんて言って、反対側をやり始めた途端
今度は立て続けに2回もくしゃみ・・・
んで、1回目の大きな方、鼻水と唾?がわたしの顔を直撃!!!

   ぎょえぇぇぇぇ〜〜

って思って慌ててティッシュで顔を拭いたけど、なんとなく気持ち悪い。
でもそのまま歯磨き続行!
仕上げにリンゴ酢ガーゼでゴシゴシ。

ボニはまだ歯石もないのでガーゼで歯磨き。


それにしても、鼻水の洗礼を受けながら犬の歯の掃除をしてるわたしって・・・。

終わってからしっかり顔を洗ったのは言うまでもない。


       もうすぐ9歳にしてはキレイな歯・・・だと思う♪

a0045099_11402995.jpg

[PR]
by lonmichubonnie | 2005-11-09 11:41

マイクロチップ

ボニーは送られてくるときに必要だったので
ウチに来た時点でマイクロチップが装着されていた。

ボニの同郷おたべちゃんちのパピーたちが装着したと聞いて
以前からマイクロチップの存在が気になっていたこともあり、
ロンとみちゅも入れようかと検討中。
一応少し前に獣医さんには相談済みなんだけど。

何かの時に、入っていることが良いほうに向くかもしれない。
大地震がくると言われているし、そういうとき、万が一わんこが行方不明になっても
もしかするとチップのおかげで手元に戻るかもしれない!

あとは値段と、どこの製品にするかが問題〜。
日本では4社のチップが取り扱いされているようで、
ひとつだけリーダー(読み取り機)が異なる別規格みたい。
どうせならボニのと同じリーダーで読めるのがいいなぁ。

装着するときが来たら、またココに書こうっと♪
[PR]
by lonmichubonnie | 2005-11-08 00:00

マザーな日

1年ぶりのマザー牧場。
今日は年に1度のマザー牧場のシープドッグトライアル。
去年中級クラスで優勝してしまったみちゅ、今年は有無を言わさず
上級クラスへのエントリーとなった。

マザー牧場のトライアルは、円や壁際の半円に羊を入れるというもの。
円の大きさでポイントが違っていて、小さければ高ポイントになる。
10秒入れておければそこのポイントすべてがもらえる。

囲いに入る前のみちゅ、なんとなく落ち着きがない。
こんなんでうまくできるのか・・・
なのでヒールの練習をしながら向かう。

リードを外して、中に入る。
 「羊はどこ?」
と見回すみちゅをスタート位置にダウンさせる。

羊が入ってきた。
スタートの合図が出たけど、羊がこっちを見ているし、どっちに動いていくか
見定めたかったのでしばらく動かないでそのまま待つ。
みちゅがじっと見ていると羊が動き始めたのでみちゅにSteadyをかける。
走らせるとヤバイ!ので小刻みの動き。
少しずつ動かしながら壁際の5ポイントエリアへ。ポイント獲得!

群れの1頭がこっちを見ている。
みちゅ、反抗的な羊に弱いので、すぐに横に逸れようとするのを
止めてダウンさせる。
するとやっぱり羊は向きを変えて動き出した。
ホッとした〜!
で流れ的に15ポイント円に羊が行ったので
みちゅを焦らせないようにしながら動かす。
今日のみちゅは止まりが良い〜♪
なんとか15ポイントに止めることができて3分の競技が終了。
前半は20ポイント獲得。

後半は天気も悪く、わたしの順番が来たときに突如大粒の雨がザーザー(T_T)
みちゅは前半にも増して落ち着きがない。
前半のポイントで暫定4位だったわたしたちだったけど
そんなポイントじゃ上位を狙えないことはわかっていたので
後半は攻めてみた。

みちゅ、Steadyのコマンドにもかかわらず足取り軽く羊へ向かう。
もちろん羊は走る!
1度羊を走らせてしまったらジリジリ作戦!?は通用しないしもう回すしかない!
ちょうど20ポイントエリアがあったのでどうにかそこに入れようと悪戦苦闘。
壁際の羊をはがしたけれど、みちゅの動きへの羊の反応が高くなっていたので
いい位置でみちゅを止めても羊が止まらない(>_<)
みちゅを左右に大きく回して羊を20ポイントエリア付近にとどめたものの
結局は入らずに終わった。

今回の上級出場には、わたしなりのこだわりがあって、
前回の中級ではわたしが羊をコントロール(※)したこともあって高得点を得られたけど
上級では”みちゅに羊を動かしてもらう”ことを目標にしていたので
得点がどうであれ、わたし的にはとっても満足だった。
みちゅ、よく頑張ったぞ〜♪♪
※マザーの羊は人に寄ってくることが多いので、それを利用して円に羊を誘導することも
できる

今日は見ごたえがあった☆

上級2位のサム、かっこよかった。
彼のような正確で力強い動きができるようになりたいと思う。
たぶん、みちゅは流れるような動きでまとめるシープドッグにはなれないので
あんなふうにグイっと力で押せるような強さを身に付けて欲しい!

上級クラスの方々はやっぱり凄い!
ソラちゃん、ビルくん、グレンくん、流石の動き。
ショーなどをこなしている実働犬?たちもやっぱりコマンドの制御が
きっちりできている。
いつもは”ぼんやり”バーチョも、今日は別犬!
果敢に攻めるバーチョ、ステキでした(*^-^*)

中級は激戦!
見どころ満載で何を書けばいいか分からない〜〜〜
ハンドラーが真剣に動き回っていて面白かった。
高得点も続出でした(^^)
転びながらも羊を止めたルナまま!素晴らしかった!
身体痛くなってませんか〜?

初級と侮ってはイケナイ!
みんなすご〜く良い!!
そんな中でがんばったモモちゃん、優勝おめでとう♪♪


そそ、K師が見学にいらしてた。
いろいろ話していると
対面ができて回せれば、得点できるということ。
で、「じゃ、ボニーでもできますか?」と訊ねると
「もちろんです」と。
最年少優勝もあり得ない話じゃない、なんてコワイこと話してましたが
『ちょっとやってみたい』
気持ちはあった。
でも怖い思いさせちゃったら嫌だしなぁ〜〜〜。

ボニーは家に置いていくと母親がノイローゼになりそう(排泄の始末で)なので
みちゅと一緒に連れていったけど、出番がなく暇だったよう。
カー厶ちゃんに遊んでもらったり、楽ちゃんの口を舐め回したりして発散していた。
来年はボニーも出られるかな〜?
[PR]
by lonmichubonnie | 2005-11-06 22:30 | sheepdog

ちびっこボニも・・・

ようやく10キロを超え、身体もしっかりしてきた。
寝ぐせのような毛もかわいいもんだ。

不思議なことに、ボニにはあの、成長過程での
”おかしな姿”がない。
ひょろ〜っと伸びた四肢に似付かわしくない顔が乗っかってて
毛が貧弱でなんとも言えない生き物の時期、ロンにはあった。
みちゅは毛が元々短いのであまり感じなかったけど
それでもバランスが悪い変な時期は少しあった気がする。

ボニは仔犬のまま全体的に大きくなっている感じ。
顔も伸びているけれど、あまり変には思わないし
身体のバランスもそのまんま大きくなってる。
大きな仔犬なのか小さな成犬なのか。
そして成長もゆっくりな感じ。
だからおかしく感じないのかなぁ。

食糞はだいぶなくなった!
今日は一度も食してない♪
昨日も。(まぁ、昨日は一日牧場だったし・・・)
このまま食べずにいてくれると嬉しいケド!!

今日はボニの話のくせにみちゅの写真♪
だってかわいいんだもん(*^-^*)
a0045099_21411961.jpg

[PR]
by lonmichubonnie | 2005-11-05 21:42

今日もハットリくん☆

またまた今週も行ってきましたハットリへ。
今日も朝から晩までいました・・・自分の講習や復習が終わっても
ついつい長居しちゃう。
そして他の方の練習風景を見ていると
ついついやりたくなって、復習に入ってみたり(^^;
で、お金がないので
「時間半分にしてください」とかK師にお願いしたりなんかして。

今日は10時と11時に講習を一枠ずつとっていたので
みちゅボニーみちゅボニーの順でやってみた。

みちゅ。
まずはやってみてくださいというK師の言葉に
ドキドキしながらみちゅを出す。
最初にしては興奮度が低く、扱いやすい。
やっぱり Away や Come bye で羊に近くなるので
遠く離れた羊に向かうときに直線的になってしまう。
それを修正すべく、細かく方向修正しながらなんとかアウトランもどきのことをして
Fetchをする。
今日はFetchの時もあまり羊が走らない・・・あ、これは Away の時だけど。
(なぜか Come bye で出すと羊が走りがち・・・たぶん少し速度が早めに
近づいてしまうせいだと思う)
今日はこの練習に集中!
みちゅに負けないで、違うことをしたときにNo!と言って修正していくことを
続けていけば直るらしい。
今まで許してしまっていたせいで、みちゅが勝手にやってたけど
それを意地でも許さない態度が必要みたい(^^;
羊に対して最初っから垂直に入りがちだったけれど、ホントはちゃんと、わかってたんだ。
直せばちゃんとふくらんで動いていく。
粘って絶対に直さなきゃ!!!

ボニー。
今日は車から下ろすとすぐにバーチョが練習している囲いへ侵入し、
勝手に羊を追い始めた。
「ヤバイ!みちゅ2世誕生か!?」
すぐに掴まえてNちゃんに謝りながら退場。
ホントごめんね、バーチョ&Nちゃんm(_ _)m

でその意気込みを引きずったまま講習へ。
講習の羊は今日は固かった。
角へ追いつめて動かなくなると吠えてた。
なので首輪を持って一緒に羊を後ろから追い立てる。
前回よりも強さ、というか意欲が出てきたよう。
途中、ミル姉に手伝ってもらいながら
「こうすれば羊は動くんだよ!」
ってことを教える。
つまり、じっとみて、目を離さないこと。

Driveしているボニは一点集中型よりもサーチライト型だと思う。
まんべんなく羊を見渡す。
でも羊の周りを観察しながら回っている時は
気になる羊を見つけるグィっと引き込まれる感じ。
これはやめさせるべきなのかどうか・・・???

Fetchの練習で、直線の往復ではなくあちこちに方向転換してみた。
方向を変えるときに、わたしが羊の群れに入ってAway やCome byeで
何周か回してからというのをやった。
Fetchの練習で対面になっているときのようにわたしに近づかなくなるのを
避けるため、わたしの後ろや周りも回れるようにするためだとか。
なるほど!

1回目も2回目も同じようなことをして終わった。
そして今日もボニーと鬼ごっこした(^O^;;


講習が終わるとお昼休み。
7月のボーヤ練習の時以来会うMさんとオレちんがきていた。
午後一で講習が入っているということで楽しみ(^-^)
見学の前にカレーでお腹を満たしてきた。
カレー屋さんのお兄さん、今日は半熟タマゴをオマケしてくれた!
うれし〜っ♪

久々にみるオレオ、すっごく良かった!
グリップしそうになってもMさんのひとことでさっとやめるし
ダウンがものすごくイイ!!
Mさんの努力の賜物だ〜(*^O^*)
とっても良いモノを見せてもらった気がした。
当のMさん、K師があまりに褒めるので、営業なのかと不信がってたけど
そんなことありません!ホントに良かったから〜♪♪

そうそう、オレちんとロン、お互い前肢を肩にかけてダンスしてた(^O^)
ロンは男の子とはやったことあるけど女の子とは初めてでびっくり〜!
ちょっと怖い声も出てたけど、面白かった☆

今日はその他にもあーたんや、ウェ〜ブ・テティス&イーリス、
かっちょいいビルも来てて見ごたえがあった♪
ビル、近くでみるとめっちゃ好みだぁぁ〜〜(*≧▽≦*)
4頭目はNちゃんと一緒にかのJさんのお子を譲り受けたい
なぁんてちょっと夢をみちゃったり。

今日も楽しい一日だった〜(^▽^)
[PR]
by lonmichubonnie | 2005-11-04 23:50 | sheepdog

躾けとα症候群

ボーダーにはありがちらしい・・・というか
以前はそう思われていた権勢症候群。
去年、ペットの問題行動のクリニックをひらいている先生と
もしかして共同研究!?(ボーダーの特性について)という状況になったときに
話のひとつとしてボーダーの患者さんは多いのかという質問を投げ掛けた。
やはり問題行動で悩んでいる方は多いとのこと。
わたしが「やっぱりそれはアルファ症候群ですか?」と聞くと、
学会などではそれはもう過去の物として扱われているというお返事。
(わたしも行動の研究室に所属していながら恥ずかしい質問でした(^^;)
飼育下のオオカミにはみられるけれど、野生ではありえないらしい。

ではどうして問題行動が起きるのかというと
だいたいがストレス、ということ。
まぁ、ストレスってもの自体定義が難しいのだけど、
まじめに向きあおうと力を入れすぎている飼い主さんに多いみたい。
ボーダーは大変だ、と聞いているから
”良い犬に育てなければ!”と
がちがちに厳しくするあまり、
最初は良い子に見えていた犬も、
徐々に飼い主を恐怖の存在と見るようになったり
飼い主といるとリラックスした状態になれなくなったり。
そういう空間で過ごすこと自体がきっとストレスになるんだろうな。
そしてあるとき爆発しちゃう。

躾けをするときに
褒めることってすごく大切だと思う。
叱ることは”できることをやらない”に対してやるほうが有効のような気がする。
基本は
”飼い主といると楽しい・嬉しい”とか”リラックスして過ごせる”ことなんだと思う。
これが信頼感や飼い主を信用することにつながるんだ、きっと。
みちゅを見ていると、訓練士さんは好き、でも一緒にいて心からリラックスしている
ようには思えない(先生ごめんなさい)のだ。緊張感と期待感と、入り交じった感じ。
ずっとずっとそんな感じだと、きっと犬も疲れちゃうんだろうなと思う。
事実、訓練を始めた最初の頃、訓練の翌日には必ず下痢してた@みちゅ。
飼い主はもちろん、従うべき存在だけど、
同時に安らぎを与えてくれる存在でもあるのかも。
休日ダラダラと過ごしている姿、
てきぱきとご飯を作っている姿、
散歩で元気に遊んでくれる姿、
いろんな姿を見ているからこそ心から安心感がもてて
信頼できるようにもなるのかもしれない。

躾けや訓練って厳しくても、
その中に必ず逃げ場も必要だなって思う。
それは人間も同じだと思う。
フッと気の抜けるひとときが
とっても心地よいものに思える瞬間って人にもある。

ボーダーは大変だから最初っから厳しくする

だけではなくて

十分な愛情を注ぐ(褒めたり、厳しさなしに遊んだり、一緒にぐうたらしてみたり)
ことも必要だなって。
あ、もちろん、これはどんな犬にでも当てはまるのでは??


機会があったらまた
クリニックの先生とお話してみたいと思う。
[PR]
by lonmichubonnie | 2005-11-02 20:20

今日の3頭

なぜか真ん中を陣取るボニー。
みちゅだけどこか他所を見ているような・・・。
それにしても、ロンの笑みはかわいいわ(*^-^*)
a0045099_15325662.jpg

[PR]
by lonmichubonnie | 2005-11-02 15:32