ボーダーコリーとの日々の暮らし ときどきシープドッグトレーニング


by lonmichubonnie

Scottish Nationalを観戦して

またまた話が前後しますが。

Scottish Nationalは大波乱でした。
いつもInternationalに出ているような方が、まさかの敗退。

それには羊が大きく影響していたようです。

1頭だけはぐれてしまったり
走り始めてしまったり
逆にヘンに固まりすぎてしまったり
素人のわたしたちでも良くない羊だなぁ、と解りました。

ハンドラーも犬も苦戦したようで、わたしたちが見ていた間だけでも
リタイアした方がとても多かったです。

戻ってきてから、UKの方とメールをやりとりして知ったことですが
最初の2日間の羊が良くなかったため、3日目には羊の群れを入れ替えたそうです。
1,2日目に走った方々はひどく動揺したようで・・・
きっと「あの羊だったら我々にもよい成績が残せた」と思ったことでしょう。

それを証明するように、Internationalへの切符を手にした方の3分の2が
3日目に出走した方でした。



そうそう
「この犬は良い成績を残すだろう」
という予想は、素人目で見ていてもだいたい当たりました。
落ち着いた犬が動かす羊は大抵落ち着いていました。
丁寧なハンドリングと、ジタバタしない犬の動きが羊に安心感を与えるのかな?



出番を終えた羊さんたちが集められていた場所
a0045099_13503599.jpg



競技中・・・遠いので肉眼では羊も犬も点に。
望遠レンズを持って行かなかったのは失敗っ!!
a0045099_13521983.jpg

[PR]
by lonmichubonnie | 2008-08-25 13:57 | sheepdog