ボーダーコリーとの日々の暮らし ときどきシープドッグトレーニング


by lonmichubonnie

しっぽ

尻尾の状態でボーダーコリーの性質がある程度わかること
とある英語の本を読んだ時に初めて知りました。
それはまだ、うちのボーダーがロンだけだった頃のこと。
尾の位置は下の方が良いと書いてありました。

尾の付け根の位置が上にあって、常に上がっているのは
興奮しやすい証拠だと。
ロンは結構上がり気味だったので
あ〜その通りだ〜なんて思っていました。

ロン以外の犬はというと・・・
みちゅは、羊を追う時以外は、尻尾はおしりの穴が見えるくらい
ぎゅっと上に上がっていることが多いのです。
対してボニは、普段からそれを知らない人が見たら
”怯えてる、恐がってる”と思ってしまうほど
下がっているうえに後肢の間に入っています。
羊を追うときは、さらに尾に力が入るのか
尾の先だけが後肢の間から見え隠れする感じです。

ということは実際、尻尾の位置は、性質を表わしているってこと!
うちの3頭を比較するとその通りです。
面白い(^^)

ちなみに、尻尾の様々な状態で
犬の精神状態がわかることはご存知のとおりで
英語の犬の行動の本にはシェパードを模して
解説されています。


羊を追う時、
後肢の間に入るしっぽも良いけど、
わたしはみちゅのピーンと緊張して力の入っている尻尾も好きです♪
なんかアニメの世界みたいで(^m^)



a0045099_20222763.jpg

遊んでいる時もこの違い。
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-04-16 20:05