ボーダーコリーとの日々の暮らし ときどきシープドッグトレーニング


by lonmichubonnie

昨日のハットリ

昨日はとってもお天気がよくて
春の訪れを感じる陽気でした。
寒いって言葉、発しなくてよかった1日!

日曜日もみちゅとボニに講習を、いれてみました。
ということで、金曜日と同じようにみちゅぼにみちゅぼにの順番。

やっぱり動きの早いみちゅ。
最初のうちはバタバタと好き勝手し放題(^^;
この『焦り』をなくしたいと思うこのごろ。
「手を後ろに組んで」言葉で足りない部分は身体を使って
プレッシャーを与える練習。
というのもわたしのバタバタした動きが
みちゅの焦りを招いていると、常々思っていたため
わたし自身も焦らないように・・・
手を後ろで組んでると、動きも抑制されてしまうから
わたしにはちょうどよいのです♪
前半はいまいちだったけど
後半になると動きも安定してきました。
みちゅはわたしの動きや焦りを敏感に感じ取って、
それが直ぐに行動に出るので
ハンドラーのわたしが気をつけなければ(^^;;

みちゅは回すとどんどん円が小さくなり、そうなると羊もぎゅうぎゅうに
詰まって動かなくしてしまって、動かない羊を動かしたくて
羊の踵に前歯を当てたりする行動が増えてくるという悪循環に陥るので、
なるべく1周以上回さないようにしなければならないのです。
でも動きが速いから、結構難しい。。。



ボニ。
隅っこの羊を真ん中に持っていくためにリードを持って
後ろからWalk onさせたときに、
ボニの目線をじっくり観察していたら
視線が全ての羊に注がれているのがわかりました。
そういえばわたしと対面でやっている時も
ググーっと目線を羊にまんべんなく向けてるよな〜。
これはみちゅにはあまりない行動です。
肝心の練習はというと、
羊に対して自信がついたのか
『何してでも動かすぞ』みたいな意気込みが凄くて
動きが速くなり、羊と対面する時間が少なかったです。
わたしのハンドリングミスでもあるのですが、
左右に大きく振らせるのではなく
振り幅を小さくして、羊を見させる時間を作るように
しなければならないようです。
Come bye方向に抜けやすいことは
杖や棒で地面を叩くことで、解消できそうです。
ただ、そればかりやっていたら
今度は逆に抜けるようになってきました。

そしてなかなか動かない羊にはドッカーンと突っ込み
口の端に抜けた羊毛をくっつけたりする場面も出てきました。


K師からは2ヵ月かかっても変化のないような時期がきますよ
と脅され・・・
でもそれは普通のことのようですが・・・・
う・・・ちょっと気が重いかも(^^;
どちらにしても
”普通のシープドッグ”の成長過程にあるようです。
よかった、ただの”良い子ちゃん”じゃなくって☆
ボニの本質が見えてきたような気がします(^-^)


お天気がよかったせいか、
冬場の牧場とは違って、お客さんも、講習を受ける方も多くて
大盛況でした!
久々にカー厶ちゃんにも会ったし、
Oreoちゃんにも会えました♪
ボニはカー厶ちゃん遊ぼ♪としつこくまとわりついてましたが
ちょっとイヤそうにしながらも我慢してくれました。
ありがとね〜カー厶!
そういえば、ボニは7ヵ月のデカパピーのジータくんに
遊びたいのかケンカを売ってるのか
唸ったり吠えながら躍りかかってたけど・・・
シープの時以外は何がしたいんだかわからないヤツ、ボニ。
かなり面白い性格です。

講習では、NちゃんがBraceの練習をしていました。
大変そうだけど楽しそうでした(^O^)
みてるだけでも勉強になりました。
夢の2頭追い、いつになったらできるかな〜・・・!
そういえば去年のスコティッシュの競技会では
Braceのチャンピオンは若い女性でした。
少しでも近づけるように頑張らなきゃp(^-^)q
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-03-06 09:45 | sheepdog