ボーダーコリーとの日々の暮らし ときどきシープドッグトレーニング


by lonmichubonnie

シェイドの思い出

今は北海道の牧場の、立派な家庭犬になってる(?)
NZストロングアイヘディングドッグのシェイちゃん。
わたしが預かっていた1年数ヶ月の間、いろいろやらかしてくれた面白い子だった。

一番面白かったのが
ヒートの時の、羊追いの訓練時の出来事。
シェイちゃん、何を思ったか、
羊に向かってお尻を持っていって
にこにこ、くねくねしながら
「はい、どうぞ!」
って・・・・。
羊は何がなにやら困った顏。
雄犬ならともかく・・・
羊に媚びる犬、初めて見た!

そして、もう一つはやっぱり羊追いの訓練の時のこと。
普段は羊にはあまり興味を持たないし、
わたしがいるから羊の周りを回ったりできただけ。
たま〜に、自分から羊に向かっていったり
アイドッグらしく低い姿勢で羊を見つめたまま
何分も羊の前に立っていたことはあるけど。
・・・一度、羊に激しくどつかれた時、
逆ギレして羊の首筋に食らい付いた。
驚いた羊は暴走。
食いついたシェイちゃん、そのまま首にぶら下がって
わたしの前から消えていった。
その時、思わず口に出てしまったのが
「どうしよう〜〜〜(>_<)」
それを見ていた友達は
「ドロップって言ってみたら?」と。
しばらくすると自分から離れてくれたからよかった。
彼女の中にある、本来の強さ、が垣間見えた。

今は極寒の北海道で
どんな暮らしをしてるのだろう。
やっぱりたまに思い出してしまう。
[PR]
by lonmichubonnie | 2006-01-07 19:58 | sheepdog