ボーダーコリーとの日々の暮らし ときどきシープドッグトレーニング


by lonmichubonnie

今週のシープ

昨日はいつものように朝からシープ。
牧場を訪れる度に意欲が高まるボニ。
早いうちに制御しなければならないボニに講習をまわし、
みちゅは講習を受けずに復習だけにした。

長めのリードを二つ折りにして通しただけのものをつけて
早速羊へ向かわせる。
やっぱりLie downしない。
たぶんベクトルが
羊の方にはすごく大きくて
下向きや後ろ向きにはほとんど働いていない。
たまぁ〜に、聞いているときもあるんだけど。
それはわたしのコマンドの声が小さめに出るとき。
ただ、だんだん声が大きくなる傾向があるわたしなので、
気をつけていないとドスの効いた声になってくる(-_-;
どのコマンドも声を小さく、でも聞かない時には
声は小さいままで”態度”で示さなきゃならない。
リードを強めに引くとか。

最近ちょっとわかってきたのは、
ボニはみちゅほど繊細でないということ。
多少の締めにも、耐えうるものをもっているような。
ただ、すごく大げさなので、ちょっと締めるとヒャンヒャン言う。
そんなところがバカみたいでかわいいんだけど(^-^)
図太く、しかし従順でいてくれると、助かる♪

リードをつけたまま、Walk on, Lie down, Hereの他、わたしが立ち位置を
微妙に変えてAwayやCome byeも組み込んで練習。
止まらないボニを見て
「止まりませんねぇ〜、しぶといですね」とK師。
言いながらなんかニヤニヤしてる。
始めた頃、優等生だって言ったじゃん!
ボニと同じくらいの月齢の子たちも、
最初は優等生だったけど、どんどん羊に対して意欲が出てきて
同じように止まらなくなってきているという話。
これから1歳くらいまでが勝負なのだろう。
そこで抑えきれないと、制御できるようになるまでの時間が
年齢と共に長くなっていく。
これから3〜4ヵ月が一番大変な時。
気を抜かずに頑張らねば!
・・・とはいえ、みちゅの何倍も扱いやすい、と思う。
1年止まらなかったみちゅを考えれば、
ボニが今止まらないことなんて何でもないかも(^O^)

みちゅは、先週までやっていたAwayとCome byeの練習をした後に、
どのくらいできるようになっているか確かめるために
Cross driveの練習。
Come byeはいい距離を持って回るし、あまり間違えることはないのだけれど、
Awayはどうしても向こう側に回り込んで羊を持ってこようとするので
No!で止めながら制御。
トライアル用のCross driveをさせると左から右への移動なので、
Awayはわたしの方に向かって動かなければならないのだけど、
羊を置いてわたしの方へ動くのは”悪いこと”のように思っているのか
Awayを言うと、必ず羊の方へ行くのだ。
コマンドを理解していないわけではないのだろうけど、
(実際に、Cross drive以外の時はAwayにほぼ正確に反応するし)
彼女自身がいろいろと考えているのではないかと、思う。
その意志にわたしが負けてはいけないのだ〜!

羊をまっすぐに押していくことがまだできないので、
羊の様子を見ながら細かく左右に振らせることしかできない。
その時に、きちんとコマンドに従ってくれないと、羊はまっすぐ動かないので、
AwayとCome byeに、Lie downの練習は必須。
最近はLie downはかなりよい感じなので、やっぱり左右のコマンドの強化かな。

それと、回るときの速度は、
回っている時に、小さなささやき声で
Lie down を繰り返していると、
少し落ちるのがわかってきた。
ただ、それをやっていると、本当にLie downをさせたいときに
止まらないので、別のコマンドにした方がいいかと検討中。

毎回、成長してるのかしてないのかがいまいち見えにくいのだけど、
何ヵ月か経って、ふと気づくと、
”あの時できなかったこと”が当たり前のようにできていたりする。
その瞬間ってすごく嬉しい!!

シープの楽しさは、
そこにあるのかもしれない♪
[PR]
by lonmichubonnie | 2005-12-12 11:11 | sheepdog