ボーダーコリーとの日々の暮らし ときどきシープドッグトレーニング


by lonmichubonnie

Workshopに参加して思ったこと

またまた疑問だらけのブログ。

今回参加したWorkshopで主体の
トリーツを報酬に、行動をシェーピングしていくことは
理に適った方法だと思う。
犬は、トリーツを貰うためには何をすればいいのかを考え、
より良い形にどんどん近づいていける。

犬の性格も千差万別。
飼い主の意向も千差万別。
なので訓練方法は多種多様で良いと思うし、
確かに仔犬やトレーニング初期の犬にはとても効果的!

ただ、わたしの中での疑問は、
トリーツにより掴んだ心は、本当のものなのか?
飼い主を信頼しているからコマンドに従うのか?
そうやって起こった行動に義務感や使命感はあるのか?
ということ。


殊、ボーダーコリーにおいては、
尊敬できない飼い主をバカにする傾向があると思う。
おやつを貰うためにコマンドに従ったとしても
心のどこかで、飼い主をバカにしないだろうか?
本当に必要なコマンドを出したときに
それに素直に従ってくれるのだろうか?



*********************************************************************

今回のワークショップが何だか変だと思ったのは
参加している人も、写真撮影やビデオ撮りをしてはいけないということ。
携帯も使用不可。
自分の犬が、プレイセッションに参加して変化していく様子を後で見るには
後ほど販売されるビデオを購入しなきゃいけない。
ビデオ、めちゃくちゃ高額で売られてる。
かなり不可解な事実。
カリスマトレーナーの博士が映っているものはタダでは出さぬ!なのかな。

去年Janetのセミナーに参加したときは
人数も限定されていることもあって、みんなが同じように指導を受けた。
今回そんなようなものを想像していったので、
表面をさらっと撫でるような指導の仕方に不満が残った。
お気に入りの犬だけいろんなことをさせる姿に、なんとなく嫌〜な印象も。
実際に皆が同じことをテストし、向上するようにそれぞれ指導されて
そして再テストして「良くなりましたね!」って感じなのかなぁって思ってたので
想定外の事実に、びっくりし、落胆。
お偉いさんはやることが違うのだろうか。


使うトリーツの量が半端じゃない。
食餌のフードを与えずに、そのフードを良いことをしたときにあげるようにしましょう
・・・って。。。
身体に悪そう。常にお腹にモノが入ってるし、かといって満腹感もない。
犬はそういう食餌に満足するのだろうか?
生食与えている場合は一体どうしたらよいの?
変率分化強化でやっていくとしても、かなりのトリーツの量が必要じゃないかな。
そのあたり獣医師でもある博士はどう考えているのか、知りたいなぁぁ。

わたしの疑問、本読めば書いてあるのかな。
今更ながら、買って読んでみたほうがいいのかな・・・。
[PR]
by lonmichubonnie | 2005-12-01 16:26