ボーダーコリーとの日々の暮らし ときどきシープドッグトレーニング


by lonmichubonnie

日頃の訓練

今日はI先生にボニーを見ていただいた。
ホントに愛想のないヤツで、みちゅのように先生と聞いただけで
目が輝くようになるには数年かかりそうな勢い(^^;
みちゅのように単純にはいかないようだ。
ボニーを先生が動かすにはそれまでに時間がかかりそうなので
今後の訓練方法の相談に乗っていただきながら
わたしが練習を続けていくしかなさそう。

ボニーはとりあえず、言うことは聞くのであ〜る。
でも、何というか
『ボケ』てる。
勢いのない、焦点の定まらないようなコマンドへの反応。
それを強化するために
”欲づけ”
をしているのだけど
わたしの体力が・・・続かない(^O^;

”欲づけ”は
ボールなどを通して
ハンドラーと犬のコミュニケーションをより強固にするものだって
解釈しているのだけれど
・・・もしかして違うかな???



話は変わって、夜の散歩では
3頭をダウンで待たせて、離れたところから
1頭ずつ名前を呼んで来させる練習をしている。
なぜかこの時のボニーはすっ飛んでくる。
でもわたしの元へ来たかと思った瞬間、
方向転換でロンとみちゅが待っている場所へ一目散。
なのでもう一度呼び戻してわたしの側でダウンさせなきゃならない。
ロンみちゅは面白いことに、
ボニーを呼ぶ時にはじっと動かないのに
ロンかみちゅを呼ぶと、一緒に来てしまう。
どっちかが残されるのが嫌なのか!?
みちゅは一目散に
ロンは「いいのかなぁ?」と半信半疑で来るので
その違いが面白くてついついNo!のタイミングが遅れてしまう。
3頭が、パパッと反応できるようになるまでには
まだまだ時間がかかりそうだけれど
毎日、頑張って続けようと思ってる(^-^)
[PR]
by lonmichubonnie | 2005-11-24 15:45