ボーダーコリーとの日々の暮らし ときどきシープドッグトレーニング


by lonmichubonnie

予選会で思ったこと

予選会の日のブログには自分たちのことしか書かなかったんだけど。。。

予選会を見ていて思ったこと!

初級にしても中級にしても
どんどんレベルが上がっているのは明白!
去年の秋、みちゅは中級完走できなかったし、完走した数のほうが
うーんと少なかったような気がする。
だけど予選会で完走できなかった人はいなかったのだ!
それってすごい!!
それに若い子や新しい子もどんどん上手くなっていてびっくり。
うかうかしていると抜かされそうな勢い(^O^)

予選も本選も、初中級はタイムで競うわけだけど、
本来なら羊を走らせる事ってないのに、なぜタイム競技なのかって考えた。
結局”無駄のない動き”をさせれば当然”無駄な時間”もかからないわけで
必然的にタイムが短くなる。
もちろん、主催者のK師の負担もタイム競技にしてしまえば軽減されるって
こともあるのだろうけれど、タイムで競う意味が全くないわけではないんだと思う。
スムーズに羊を動かすことができ、ミス無しで旗門を通過できれば素晴らしい♪

ふと、思った。
そういえば、ボーヤ杯でのユウコとWさんの競技は素晴らしかった。
無駄のないスムーズな羊の動きは
的確な指示を出すハンドラーとそれに正確に従う犬による
共同作業の賜物。
なので時間も短く、さらに減点も少なく、優勝したのだった。
決してタイム競技ではないけれど、正確さと早さは無関係ではない!

ただ、やっぱりタイムで競うとなると、
ハンドラーが羊を走らせることもあると思う。
だって、誰だって1番になりたい欲はあるもの♪
ちゃんと指示に従う犬を使うのなら
ハンドラーが走って羊を誘導しつつ犬でコントロールさせるってのも
可能だし!

・・・ボニの場合、ハンドリングよりも彼女の動きと意欲で羊の動きが
早くなるような気がするけど・・・(^^; 走らされているのはわたし!!
ボニを回すことによって羊を止めようと思えば止められるけれど、
行けるようなら行っちゃえ〜!
な感じでホントにスピード勝負になってるところがある(^^;
でも将来的には、
スピードコントロール
ができるようにならなきゃいけないんだよな。


・・・できるようになるんだろか?????
それにはまず、止めなきゃ・・・・(-_-;
[PR]
by lonmichubonnie | 2005-11-16 16:32 | sheepdog